ED治療薬として

大きく分けて3つ

大きく分けて3つ副作用がある

バイアグラ、シアリス、レビトラの3つが一般的に良く知られています。
表題のタダリスはこのED治療薬として広く知られている、シアリスのジェネリック医薬品として作られています。
これらのED治療薬は医療用としても認められている医薬品なので、病院を受診して診断が下されると医師からタダリスを処方してもらえます。
基本的に医師の処方箋がないと薬局などで手に入れることはできませんが、処方が必要ないケースとしては、こじにゅ乳を行うか、輸入を代行してくれる代行業者の通信販売サイトを利用して購入する方法があげられます。
タダリスの製造はインド国内で行われているため輸入する必要があるのです。
そして一番重要な、タダリスの効果は、10mgで24時間から30時間、20mgでは30時間から36時間という長い時間効果が認められます。
最高血中濃度に達するには使用する人によって異なってきますが、一つの目安として4時間ほど前には服用したほうがよいかもしれません。
タダリスの服用方法としては、基本的に食事の影響を受けないと言われていますが、出来れば空腹時に服用し、食事をする前に体内に吸収させるように意識をした方が効果を実感できます。
こちらも最高血中濃度に達する時間を考慮すると、食事の3時間前に服用するタイミングが一番効果を発揮させることができます。
その後長時間にわたって効果が持続しますので服用のタイミングさえ間違えないように気を付けるだけで最大限の効果を期待することができるようになっていますし、副作用がバイアグラやレビトラよりも少ないためそれらと比較した場合タダリスはとても便利な治療薬といえます。